エンジニア的視点から見る、クリック合戦に勝つ方法

スポンサーリンク
ランニング×エンジニア

こんにちは。
エンジニアの仕事をしながら走っているさとるです。

ランナーにとってのシーズンは10~3月がほとんどなんですが、
その前に重要な期間があります。
それは通称「0次関門」とも呼ばれる、クリック合戦です。

「クリック合戦って何やねん?」という方もいらっしゃると思いますので、
簡単に説明します。

マラソン大会に参加するには大きく分けて以下の2つの方法があります。

      1.抽選方式(例:東京マラソン、大阪マラソンなど)
      2.先着順方式(例:つくばマラソン、湘南国際マラソンなど)

今回お話しする話題は2.の先着順方式です。
先着順方式ではインターネット上で一斉にエントリーが始まります。
最初に申し込みページにアクセスできた人から順に申し込みができます。
早い場合では30分で締め切りになってしまう大会もあります。

では、最初に申し込みページに到達するにはどうすればいいのでしょうか。
エンジニア的視点から改めて考えてみましょう。

多数の端末でアクセスする

これは鉄板ですね。
PC、スマホ、タブレット端末と複数の端末でつなげれば、
つながる確率はその台数分になります。

実際、僕自身も、つい1週間前にPCとスマホの2台で同時に接続して、クリック合戦を勝ち抜きました。
今の時代では複数の端末を持っている方も多いでしょうから、
使わないのはもったいないですよ。

ネットワークの回線は速いものに

通信速度もかなり大事な要素です。
通信速度が遅いと、つながりにくいだけでなく、
圏外になったり切断したりするため、
再読み込みをすることになり、
エントリーに出遅れる可能性があります。

そのためにも、インターネット環境は大事です。
割と安い金額でかんたんにインターネット設定ができ、
他の通信手段と干渉しにくいWimaxがおすすめです。

無線環境も以前よりはかなり改善されていますし、
Wimax2+となりさらにつながりやすくなっています。

プロバイダも多いです。例えば下記So-netなどもおすすめとなっております。

WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

クレジットカード情報はあらかじめ登録を

意外と忘れがちなのが決済手段です。
申し込みはできたのに、コンビニ決済にしていて、
期限をうっかり忘れてしまったとか、
あるいはクレジットカードが期限切れになっていて申し込めなかったということも、
しばしば聞きます。

あらかじめ決済手段はクレジットカードと決めておいて登録しておきましょう。
登録さえしておけば、
申し込み完了まで終わり以後の不安をなくマラソン大会を迎えることができます。

終わりに

マラソン大会を走る前に、
インターネット上の戦いはすでに始まっているのです。
申し込みを忘れないようにするためにも、
スケジュールアプリなどで
申込する日を登録しておいて、
リマインド設定しておきましょう。

皆様が走りたい大会に出場できますように。

コメント