正社員エンジニアをやっていた僕が会社を辞めたいと思ったときに考えた3つのこと

スポンサーリンク
エンジニアの心の健康

こんにちは。30代後半でフリーエンジニアに転身したさとるです。

僕はフリーランスエンジニアになる前に3社を経由しています。
すなわち3回会社を辞めているわけですが、
その時に考えていたことを改めて書いてみます。

20代、30代で会社辞めようかな、でも辞める勇気がないという方もいるでしょう。
でも一回辞めてみると案外すんなりやめられます。

僕もある経営者の方に言われましたが、
「二度辞めたら三度辞めても大丈夫だから」
と。これが本当なんだと実感しましたので。

スポンサーリンク

【スポンサーリンク】



身に着けるべき技術は今のままでいいのだろうか?

この点は非常に悩みました。
理由としては最初にいた現場で約6年いましたので、
その間に技術は陳腐化していくだろうし、
このままいても成長が止まるのではないかと考えていました。

幸い5年目あたりで当時新しい技術だった、
C#.netに携わることができ、幾分は和らいだものですが、
やはり仕事や案件を通して技術は身についていくものだという考えから、
会社を辞めることを検討したところは大いにあります。

稼働が多くても自分は大丈夫だろうか?

1社目では特にそうでしたが、
稼働が多かったです。
残業が100~120時間が3か月続いた時期もありました。
正社員だからということも理由としてありました。

開発以外にも管理だったり帰社だったりと正社員でいることで面倒なことがたくさんです。
正社員でいるメリットを全く感じなくなっていました。
それで正社員を辞める決意をしました。

実際フリーランスになってからというものは、
そういった管理系のことは全く気にせず、
開発業務に集中できています。

また、稼働も多くても月に200時間前後ですので、
仕事量をコントロールができています。

終わりに~ 最終的にはフリーランスに

30代前後でフリーランスになることを検討しつつも動けなかった僕ですが、
30歳後半でついにフリーランスになりました。

そして、フリーランスになってみると正社員の時に持っていた3つの悩み(技術、稼働、勤務地)については
ほとんどといっていいほど解消しました。
まだまだ手探りなところもありますし、
特に技術ではC#だけでなく、rubyあたりも勉強の必要を感じているので勉強していきます。

20代の方にとっては、
よりいい勉強環境があります。
未経験からでも就職までサポートするプログラムスクールなどもあります。
例えば、下記のようなプロエンジニアさん育成の学校に行ってみるのはいかがでしょう。
無料で勉強できて就職も手配してもらえるのは素晴らしいですし、
いずれはフリーランスという選択肢も生まれてきますからぜひおすすめです。

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

コメント